2008年1月25日金曜日

孤独003


【あれからひと月経ちました】

父が他界してひと月経ちました。
帰宅途中に、喉が乾いたのでしょう…。ネコちゃん発見。
「にゃんこさん、にゃんこさん。あなたにパパはいるの?」
逃げようともせずに、一生懸命ストローを舐め続けるネコちゃん
明日もおいしいものにありつけますように…


★小夜子★

5 件のコメント:

Katsura さんのコメント...

Random Jumpで飛んできました。はじめまして、こんにちは。記事を拝見して、とっても辛いし悲しいとは思いますが、どうか元気を出してくださいね。猫ちゃんの写真、猫の所作を見つめる小夜子さんの優しい眼差しがそのまま写真になっているようです。とっても素敵な写真ですね。

小夜子 さんのコメント...

katsuraさん

はじめまして
お優しいコメントありがとうございます。

寂しい気持ちで風景を眺めると
なぜか寂しい景色が飛び込んできます。
今までなら、悲しい寂しい気持ちそのままに
受け止めることで終わっていたのですが
今の小夜子は、その立場に置換えて
自分を映してしまうようです。
真の悲しみや涙を知ったとき、
人の心は小さな変化をするのかもしれませんね…。
ド素人が携帯で撮った瞬間ですのに
「素敵」と言っていただけたこと
うれしく、そしてお恥ずかしいです…。
Random Jump は参加させていただいたばかりですが
不思議なご縁がそこにあるのですね。
そんなご縁に感謝いたします。
お励ましのコメント本当にありがとうございました。

sakurapapa さんのコメント...

おはようございます。(^^♪
そうですか、お父さんは会社でみんなから
慕われていたんですね
一生の思い出になりましたですね

今日も「笑う門には福来る」

sakurapapa さんのコメント...

おはようございます。(^^♪

お父さんは生前会社の人たちに
慕われておられたんですね
良い思い出になりよかったですね

今日も「笑う門には福来る」

小夜子 さんのコメント...

sakurapapaさん

コメントありがとうございます。

確認が遅くなり、
公開が遅れてしまい申し訳ありませんでした。

お家で見せる父の顔と
仕事で見せる父の顔
どちらも素敵だったと思います。
そして、きっと父は自分と真剣に向き合う時が
一番厳しかったのではないかと
今になって思います。

大切な信念を貫く為には
自分の大切な部分も犠牲にすることが
できる人でした。
小夜子はそんな父が世界で一番尊敬できる人でした。

今は、もし自分にその遺伝子の一部でも受け継がれているならば
同じ心で生きてゆきたいと思っています。

毎日がいまだに涙涙ですが
そうですね…
「笑う門には福来る」
早く笑顔を取り戻して
目標とする父に恥じない生き方をしてゆきたいと思います。
決して超えることが出来ない偉大な存在ですが
少しでも近づけたらと…